異なるため、同じような力・感覚(タッチ)で弾けないためです。 <ベースの絶対必要条件>   例えば、「C Am7 C Am7」という進行があったとき、C(ド)をずっと弾いていると 主に低音(ドラムやベース)のブヨブヨ感をなくし、引き締まった音にします。  マンガンやニッカドは途中で休ませると電圧がある程度復活しますので、ちょくちょく使用するのにはオススメです。 また、別の視点ですが、 Windows7でPCの音を録音する方法 アタックタイムのときと同じように、歌声など、いきなり音が0になると不自然に聴こえてしまうような場合に適度な数値に設定します。 しかし、あまりこの値を大きくしすぎると、本来無音化したいノイズが処理されなくなってしまうことがあるので注意しましょう。  ・ちょうど、他の方の質問に私が「前ノリ」「ジャスト」「後ノリ」、あるいは「テヌート」 同じアンプ使っててもベースが違えば全く参考にならないし、アンプもベースも同じでも、弾き方がちょっと違ったら音色が全然変わるので、やっぱりあんまり参考にならないです。 アンプシミュレータ(KORGAX3B)のイコライザで高音と下げ低音を強めたり、 dtmでベースの音作りをするときに目指すのは太い音だと思います。太さには説得力があります。ではどうすれば太いベースサウンドを作ることができるのか?この記事では「音の太さとは?」「太い音へのアプローチ方法」について説明しています。 とか言われるてんですけど   と言うようにコード全体が流れているように聞こえます。 ミスがないとかリズムがずれてないで弾けてる しかしながら、スケール練習でもかまいませんが、好きな曲で、音量・音質を安定させることを意識して、反復練習するしかないと思います。 はじめのうちは「低音が弱すぎるのか?」と思い 一つは「テクニックが凄い」と言う意味、そして、「ベースとしての役割を完璧に 何日に1回(何時間)の頻度で使用のとき、何ヶ月ぐらいの寿命 エフェクタの接続順とは関係ない話を先にしますが、この構成でライブではBOSSのDI-1を追加するというのは、なんか勿体ないというか何というか・・・ですね。 最初はハイパスだけ上げるとこからやってみるのをお薦め。 すごくベースを極めたいんですけど、どうやったらうまい人になれますか? (細かい経歴は、プロファイルを参照してください) といっても、基本的には歪み後とは思いますが、ここもテストしてみる価値はあります。 だけどベースのことがよくわからなくて・・・  なお、10万以下から10万以下の持ち替えということですが、お選びの機種はどちらもアッシュボディ・メイプル指板の組み合わせですので、既にご所有のエアロダインとはだいぶキャラクターが違ってきますので、両方所有することに意味はあるでしょう。 私は高校から憧れてた軽音部に入り 外さない)ことです。 ベースの音が切れるってバンドにとっては一大事! あなたはベースの音切れてる?確認する方法3つ. こういうのは弾き続けて解消するしかないのでしょうか? 右手の意識としては、 理想高いです、ごめんなさい 質問は、、、この9ボルト乾電池は、どれくらいの寿命が 3はちょっと気になったので一緒に質問してみたのですが、普段から指だけで弾いてる方や、こういう意識を練習中にしたら早くなったという人が居たら是非教えてください。, 基本的に指弾きで演奏するはゆったりとした曲が多かったのですが、地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズという本を見てから、指弾きの早さが欲しいと思いました。 前回まででキックの出し方について説明しましたが、ベースも同じ様にEQで低音を調整して高域の倍音やピッキング音も強調、そしてコンプで仕上げる様な形になります。, ベースの低音EQはもうご説明した通りですので、今日はそれ以外のEQについて説明していきます。, これも楽器やマイクプリ、プレイヤーに依って変化するものですので、あまり数字に捉われずに読んでください。, 例えば、ベースがキックよりも下にある場合、この付近はキックをメインにベースはサブ的に出したいところです。, もし全体にモコモコした低音の印象があるならば、一度ばっさりカットしてみてもいいかもしれません。, 逆にキックの方が下にあってベースがその上に乗る様なミックスをするときは、少し変わってきます。, 耳に聴こえやすい低音である上に、スモールスピーカーや安いイヤフォンでmp3を聴く様な環境では、非常に重要な役割を果たす帯域だからです。, ただ、低音の項でも説明したとおり300Hz付近というのは非常にモコモコした成分になります。, ベースがキックの上にあったとしても、250Hz~400Hzの辺りはカットしてすっきりとさせる事が多いものです。, ただ、あまりQを広くして大幅にカットをすると中抜けをした音になってしまいますので注意も必要です。, ここはローミッドと呼ばれますが、特にベースの重要な成分が多く含まれている帯域ではなく、また、ミックスというのはミッドに集中しがちなためカットする事が多いところです。, 元からそれ程強調されていなければ触る必要もないのですが、安いDIやプリアンプでレコーディングをした時などは変に強調されてしまったりする帯域でもあります。, 全体で聴いてみてベースがもわっとしていると言われた時は、この付近、特に400Hz辺りは要注意ですね。, 例えば、低音はしっかりと出ていてベースのタイミングはピッキング音で分かり易いのだが、ベースラインが分かりにくい。, ベースは基本的にボーカルと同じ中央に配置される楽器ですので、あまり持ち上げると逆にボーカルをマスキングしてしまう事もあります。, うまくバランスを取らないといけないので、やはりここを触る時は全体の音を聴きながらがいいかと思います。, また、こういった楽器のメロディーラインをはっきりさせたい時は、あまり狭いQでブースト・カットをすると演奏する音程によって聴こえたり聴こえなくなったりという事が起こり得ます。, だからこそ逆に、何か他の楽器とベースがこの帯域でぶつかっている時は、率先してベースを削ってしまっていいかと思います。, ただ、この付近は少し耳触りな帯域である事は、キックのEQを説明した時に述べました。, ベースにそれ程多く含まれている周波数帯ではないにしろ、耳触りであるということはそれだけ存在感に関わってきます。, 特に必要がないならば、敢えてカットをして自然なベースの音色を壊してしまわないで放っておく方がいいでしょう。, 例えば、ゴリゴリとしたベースでアタック音もバチバチなっている様な曲の場合は、ベースを優先します。, 逆に、それ以外のサウンドを求められているならば、少し我慢をした方がいいところかもしれません。, この部分を持ち上げると、ベースのアタック音(ピッキング音)だけでなく倍音も膨らんでいる事が分かると思います。, ベースはコード楽器であると同時にリズム楽器でもあるため、アタック音は確実に聴こえている方がいいですよね。, しかし、力が非常に強くてピッキング音が元からかなり混ざっているベーシストの場合は触る必要がない時もあります。, どういった時にどの帯域がどれくらい聴こえていたらいいかは、セミナーにご出席頂く方々にはお見せできるかと思います。, 例えば、12KHz付近にはベースラインの倍音だけでなく、ピッキングの倍音も多く含まれています。, あまり耳触りにならない様にピッキングを持ち上げたい場合などは、逆にこの帯域をいじる事もあります。, ですので、よっぽど高域のノイズがレコーディング時に混入している事に気付かなかったなどの特別な状況でない限りは、触る必要はないかもしれません。, もちろん、ベースを少しだけローファイな音にしたい時などはローパスフィルターでばっさりとカットしてみるのもいいと思います。, vol.11 ~ミックス ベースの出し方 その1~ | 【レコーディング秘技】のブログ. 2ピックアップの場合、ピックアップの中間位置、ネックよりのピックアップの上あたり、指板とネックよりのピックアップの間など、弾く位置に...続きを読む, 当方全く無知の為どなたかご教授お願いします。 ライン録音の大きなメリットは、ベースから直接録音するので、 マイク録音時のような雑音(周りの生活音、アタック音など)が入らず、きれいに録れる ことです。 それから、音を後から 「加工」 するこ … 今私はベースを初めて半年くらいです。 すばらしいのは、やはり、故・ジャコ パストリアスですね。 アタックの雰囲気を変えたい; など大雑把な理由で大丈夫です。 低音を重ねない. 右手の位置が高すぎるか、低すぎると余計な力が必要になるため、早い曲だと 今・使っているエレキベースの買い替え行動中です。 同じ学年の女子のベースには絶対負けたくないです 一般的にエレキベースのレコーディングをする場合は、アンプを通した音の他にdiを通した音(クリーンサウンド)を同時に録音する。 アンプから出る音をレコーディングする場合、豊かな低域が得られる反面、音の輪郭を構成する成分が不足する傾向がある。 実際他のバンドの一番上手い辺りの男子たちから バンドを組み何となくベースを始めました。 なので、理想の音は有ったとしても、人の設定はそんなには参考にせず、「自分で一から作る」というのが基本形です。 これも色々な意見があると思いますが、共通して言えるのは、ベースと言う言葉の通り、 ここは、PUNCH FACTORYとWARPFACTORの並び順をいろいろ試してみて、「どちらが音色の好みを出しやすいか」を、まず決められてはどうかと思います。その結果、PUNCH FACTORYを最後に置いても、質問者さん的に問題無いなら、当初予定の接続順は有りでしょう。 ただ、コントロールして、その弾き方の延長で、弦をフレットに当てる音…を効果音的に使う奏法は実在します。その場合は、スラップのプルとは違う音狙いになりますが、狙って音出すのはすげぇむずかしいです…という話でした。 ベースはコード楽器であると同時にリズム楽器でもあるため、アタック音は確実に聴こえている方がいいですよね。 しかし、力が非常に強くてピッキング音が元からかなり混ざっているベーシストの場合は触る必要がない時もあります。   ドラムがなくてもバンドは成り立ちますが、ドラムがいてもベースがいないバンドは 右手の人差指と中指で弾く2フィンガーのことでよろしいかと思います。 時間(リズム感・タイム感)が正確であること。そして、音程が正確である(音を ベース教室行きたいですけど忙しいしお金ないし・・・ 楽器は短時間で簡単には弾けません。, 練習時間にもよりますが、2年ではまだ安定した音を出す事はできません。 私もそういう頃がありましたので、私の経験を踏まえて回答してみたいと思います。 聞けばよいのか迷ってしまいます。 そこで「kickを重視した太いサウンド求めるなら」 ベースのアタックはそれほど必要なくなることが がそんな力ずくじゃ指弾きの音もリズムも安定しないです。本当に思いきりの方がいいと思いますか?  した時、このようにベースは横軸と縦軸の両方に大きな影響を持っているのです。   >音を補う意味合いで使用したいと思っています。 もちろん全体の音を考慮した上でギターやベースの音のイメージがしっかり出来上がっている場合や上級者の場合、録音前の音の作り込みは良い結果をもたらすのでドンドンtryしてもらって問題ありません。 また「アタック」が早いと、音が急激に圧縮されるため、 束にまとまる印象になりますが、早すぎることで前に出てこなくなっていまいます。 これは 「元音に大きく依存すること」と、「ジャンルによっても設定が異なってくる」ところが難しいのです。 雑誌、書籍によって値が全然異なる� メーカー(TUNEチューンの定価128,000円)のヒト というよりも基礎力をつけたいけどどうしたら良いかわからないんです。 BOSS チューナー に聞くと、連続継続ONなら、30時間ぐらい。。。 大丈夫です。 これからも頑張ってください。 これは弦高・ピックアップの高さを改善すれば良くなると思います。 右手のフィンガリングですが、ピックで演奏している時のように、弦がボディーに対して平行に振動するように弾いていますでしょうか?恐らく、指が弦に引っかかるように演奏し、弦の振動がボディに対し斜めになっているのだと思います。特にスタジオで他のパートの音とセッションする時には気が付かないあいだに、ピッキングにチカラが入り、指に弦が引っかかってしまうような演奏になってしまいがちです。 音作りはできましたか? 問題なければいよいよ録音をしてみましょう。失敗しても大丈夫です。何度でもやり直せます! さて、録音の前に少し設定を変更していきます。 録音時のメトロノームが初期値でオンになっているので、オフにしましょう。 いつも多くの力を入れながら弾かなければなりません。 詳しくしっかり教えてくれる人はいないし  ・リズム感、タイム感、グルーブ感の練習です。   ですから「上手いベース」と言うのは、横軸と縦軸の両方に長けており、前述の通り、 それとも練習を重ねて平行に弦を弾く等して極力「カチカチ音」を出さないようにするのが普通なのでしょうか?, ほう、これは「言葉の地方性」ですかねぇ。 BOSS EQ-20(イコライザー)  ・コードや和音が理解できていると、楽曲の中に出てくるコードによってベースは何の音を 有力選択肢の一つに、アクティブ(9ボルト乾電池で、 この調子で練習を続けたいと思います。 まあ、どうしてもと言う場合は、エフェクターを噛ましてエフェクターで歪ませると聞こえ辛くなると思います。アン直では反応やレスポンスが良いので簡単では無いと思います。 お役に立ったでしょうか? 長文失礼しました。  10万円以下から10万円以下にしても意味がないものなのかもしれないので、一応ワンランク上のシリーズもうっすら視野に入れようかと思っています。 逆に、ボディ面に平行に引けず、斜めに振動するように弦を離してしまうような、初心者時にありがちに悪癖に対して、「弦を引っ掻き上げるな」「『掻く』んじゃない、そっと『引いて→放つ』感覚でやれ」という指導は、当方の地方では、昔も今も定番中の定番ですが。当方の地方では、『弦を掻く』という表現が...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。   「スタッカート」について回答をしていますので、参考にしてください。 お手本を上げるとすれば、元ミッシェルガンエレファントのウエノコウジ氏のミッシェル時代のベースの音がお手本です。  ネットでいろいろ探してみた結果、以下のフジゲンとバッカスのジャズベースタイプが目にとまりました。 矛盾していることを言っているようですが、兎にも角にも「力を入れない(抜く)」    FgNのネオクラシックシリーズは、コストパフォーマンスに優れていながら丁寧な作りに定評があります。細部まで作りこんであり完成度は高い、と感じました。反面、ピックアップのパワーが少々不足気味です。ジャズベらしいサウンドは得られますが、セイモアダンカンの音がお好みだとすると、少々出音が弱く感じられるかもしれません。  ・(2)と(3)が解ってくると、何のコードの時はどこのポジションでどう弾けば良いかが 9ボルト乾電池も、同様の使用頻度で、なんと5年間、乾電池は バンドメンバーにも、もうちょっとバキバキにしても良いんじゃない?って言われます。 基礎が出来た上に応用力を付けて、それから「本当にうまい人」と言われるように   スカスカで全くどっちらけのサウンドになり、バンドとして成り立ちません。 でも、ベースはね、他人のアンプセッティングは、ギターより遙かに「参考にならない」ですよ。 15万円あたりから、なんとか使い物になり、30万円を超えたあたりから、格段に良くなります。 有ります。(超軽量だし、大変・弾きやすい) 実際他のバンドの一番上手い辺りの男子たちから 普段ライブや練習で使うアンプはハートキーです。コンプレッサ内蔵のやつです。  ・必ずメトロノーム(リズムボックスでも可)でやることが重要です。 ベースアンプで作る音にドンシャリと言われるサウンドと、それとは逆に当たるような抜けの良い音があります。その2種類を例に挙げて、ブーストとカットのことも考えながら、ベースアンプで音を作って … いろいろ自分で調べてみた結果、ハミングバードの真似事をすると少しノイズが減る時があります。 エレキベースの音作りに詳しい方、改善方をご存じでしたら教えて下さい。 いろいろ自分で調べてみた結果、ハ...続きを読む, Q1 このノイズのことをアタック音と読んでいるのでしょうか? 最近ベースを始めました指弾きがメインなのですが、「カチカチ」と鳴ってしまうんです。因みにネックの反りや、弦高は適正だと思います。原因は弦がフレットに当たっているのは分かっているのですが、皆さんこんなもんなのでしょうか?そ なお、上の「私の場合例」で、BassDriverDIが最後なのは、単なる私の趣味ですので、これは音色づくり的に影響がないなら、PUNCH FACTORYより前に持って行くのは当然有りです。 (偉そうなことを言ってますが、私もまだまだ修行中です。 m(_ _)m ) その結果、ペンペンパキパキになって重低音感が減ったら125Hz以下を上げて迫力を出す…というのが、最初の練習実験的なアプローチですね。 しかし、録音しようとしても、録音の方法がわからないとできないんでしょう。このため、今回はWindowsに標準で付いてい機能と外部の録音ソフトでPCの音声を録音する方法をご紹介いたします。お役に立てば何よりです。 PC 録音. これは単に僕の弾き方に問題があるのでしょうか? (1)リズム感・タイム感 3.また体験程度でレッスンに通った事があるのですが、そこの先生は「おもいっきり弦を指で弾け!じゃないとベース本来の音が出無い!」と言ってました。 する必要があると思います。 ハード的な問題だと、先に上げられた、弦高の低さが考えられます。その楽器をピックで弾いた時は気にならないのであれば問題ないです。あお、ピックアップに弦が当たってしまうと、同じような(もっと酷い)現象になります。 ベースはフジゲンのプレベを使っています。 ・バッカス WL-JB4 右手の構え方・力の入れ方、弾き方、そして、ベースの構え方で一番綺麗で そもそも、ピック弾きって自分で一定の音色をキープするだけでも、結構しんどい弾き方ですから(これ、ベース屋でもピックあんまり知らない奴は全然わかってない事が多いけどね)、ほんのちょっとしたタッチと弾き位置で全然音色変わりますからね。 ・バッカス WL-JB4 「楽曲全体を基礎から支える」ことがベースの役割でしょう。 (3)バンド全体のコードの響き(ボイシング) どなたか、アドバイスを頂けたら嬉しく思います。よろしくお願いします。, こんにちは。私もベース弾きです。10年位演奏しています。 録音環境は、ベース→プリアンプ→オーディオインターフェイス→PC(DAW)となっております。 ベースを直で接続し、指弾きナチュラルサウンドです。これがプリアンプを通すことでどう変化するか聞いていきましょう! Providence DBS-1. http://www.fujigen.co.jp/exp/Scategory2.aspx?SH=fgn5103 http://www.fujigen.co.jp/exp/Scategory2.aspx?SH=fgn5103 ちょっとずつ吊り上げて、とかそういう初歩じゃなく、指の筋肉をどう意識してるのかを教えて欲しいです。あと、指を曲げてくるくると掻くような感じと...続きを読む, こんばんは。 ベース暦:40年、53歳の男性です。 すごくベースを極めたいんですけど、どうやったらうまい人になれますか? で、重みが足りなかったらローパスちょっとずつ上げてみる。 この「正確」と言う言葉には、2つ意味があります。 ちょっとずつ吊り上げて、とかそういう初歩じゃなく、指の筋肉をどう意識してるのかを教えて欲しいです。あと、指を曲げてくるくると掻くような感じとか、指は伸ばしたままでとかも教えてもらえると嬉しいです。 オーディオを録音する前には、入力レベルのチェックを行う必要があります。レベルが低すぎると、音がヒスノイズやその他のノイズに埋もれてしまったり、逆にレベルが高すぎると、録音した音が不正確になったり歪んでしまったりするので、注意が必要です。 質問2でも申し上げた通り、右手(腕)は鍛えて一定の力を出せるように そして、なんか音が違う方向に行って迷ったら、そこで個別にいじくり回さずに、必ず完全フラット戻して、そこから少しやり方を変えて再アプローチするのがコツです。 (結果使わない接続順でも、音つくりのノウハウの蓄積にはなりますから)  エレキの場合は消費電力が少ないので、種別を問わずしてマンガン電池やニッカド電池(充電可能)のほうが持ちがいいと思います。 ものすごく弱く、音にもならない程度のものです。 ついででてすが、 では、その具体的な内容・意味は? https://youtu.be/fq-Fw2XhoQw という並びにするかも・・・とは思います。   曲の時間の流れ・刻みを「横軸」、その瞬間瞬間の音の重なり(コード・和音)を縦軸と コチラの成毛 滋さんも15分ぐらいから始まるソロの解説ではバリバリ聞こえてますよね? (細かい経歴は、プロファイルを参照してください) 私の経験を踏まえて、お答えしたいと思います。 何事もそうですが、上級者ほど、経験者ほど、余計な力を入れずに >これからはボディと平行になるよう意識してピッキングして、慣れるにつれて徐々に下げていきたいと思います。  ネットでいろいろ探してみた結果、以下のフジゲンとバッカスのジャズベースタイプが目にとまりました。 高1の女子です。 私は邦ロックが好きで、エレキベース, エレキベースを練習している者なのですが、エレキベースは親指で弾くのですか?動画みて思いました。私は中, 確認なのですが安いエレキベースほど音がモコモコ、こもって高いものほど音のヌケが良くなる傾向ってありま. 私も自宅で土・日は3~4時間くらい練習しますが、右手はまったく疲れません。 1.基本(基礎)練習をきちんとやる。  FgNのネオクラシックシリーズは、コストパフォーマンスに優れていながら丁寧な作りに定評があります。細部まで作りこんであり完成度は高い、と感じました。反面、ピックアップのパワーが少々不足気味です。ジャズベらしいサウンドは得られますが、セイモアダンカンの音がお好みだとすると、少々出音が弱く感じられるかもしれません。 ヘタッテないそうです。 4KHz~7KHzはKickのアタック音=存在感を出すのに最も美味しい部分 ・コンプ レシオ:4:1~8:1 アタック:短~中(25msec~50msec) リリース:短(10msec~) ベース ・EQ 250Hzあたりから300Hzあたりにかけてを浅めのQで広めにカット ざっくり言えば、アタックは4Khz~6Khzをブーストしてやればベ … Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. アンプのハイやプリゼンスを下げたり、ミドルを上げてもノイズ自体は消えませんでした。 私もStingRayユーザーなので、ベース自体の出音の傾向はそれなりにわかってるつもりですが、WARPFACTORが全く使用経験がないので、そこだけ音がサッパリわかりません(すいません)。 まず、バンドにおけるベースギターの絶対必要条件は「正確であること」です。 これは、中指と人差指の長さの差を手首を折ることで吸収してやるのです。 私は高校から憧れてた軽音部に入り 良い音が必要な力が「5」だとすると、「3」の力でしか弾けない人は、    http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7409542.html 今組んでるバンドの音楽性が泥臭いロックンロールみたいな音楽をやっていて、出来るだけバキバキした感じの音を作りたいのです。 またベースをやっている人、練習方法を教えていただきたいです。, こんにちは >意味合いで使用したいと思っております。 キックやベース等を作る場合は低音の被りは避けましょう。低音を重ねてしまうと音がぼやけて締まらない低音になってしま … で、重みが足りなかったらローパスちょっとずつ...続きを読む, 歪ませた状態で単音ピッキングをするとアンプから音色本体だけではなく、カッティングしたような「コツ」という音(アタック音?ピックの擦過音?)が同時にアンプの奥で鳴ってしまう現象に困っています。歪んだ音色に対してノイズは硬質的な音がする上、混ざって聞こえるというよりは浮いているため消したいと考えています。特に1,2弦が酷く、普通に弾いてる時も結構気になるのですが、トレモロピッキングをすると聞くに堪えないほどがガキガキうるさく鳴ってしまいます。 4.音楽理論を勉強する エフェクタの接続順とは関係ない話を先にしますが、この構成でライブではBOSSのDI-1を追加するというのは、なんか勿体ないというか何というか・・・ですね。 ところが、先日一人でスタジオに入って練習した際に、アンプに繋いで弾いていたら「カツ、カツ」という指板に弦がぶつかる音が大きすぎて不快になり、気分が萎えてしまいました。 逆に、ボディ面に平行に引けず、斜めに振動するように弦を離してしまうような、初心者時にありがちに悪癖に対して、「弦を引っ掻き上げるな」「『掻く』んじゃない、そっと『引いて→放つ』感覚でやれ」という指導は、当方の地方では、昔も今も定番中の定番ですが。当方の地方では、『弦を掻く』という表現が、タブー中のタブーで、ベースの演奏指導においては、絶対やってはいけない事の代名詞的ですら有ります。 今はベースの魅力がわかって?とても大好きです! まぁここは先輩面して言えば、まずはグライコ部は完全フラットで、ローパスとハイパスをちょっと上げて、ベースと弾き方だけで「パキ感」どこまで出せるか、きちんと検証した方が良いですよ。   弾いたら効果的なのかを考えることができます。 現在のピッキングフォームとしては、低音弦のミュートをするために親指の付け根をべったりリアの上くらいにのせて手首でピッキングをしています。ハミングバードのように手首を浮かせて前腕を回転させるやり方をするとミュートができなくなってしまうので避けています。 という話ですけど、スラップ時の出力調整なり音色調整(特にコンプの抑制が効いた感じ狙い)だと、コンプはなるべくベースに近い側に置く方がコントロールしやすい場合が多いです。 もちろん、このやり方だと音作りに時間掛かりますが、ワケわかんなくなって系統立った操作ができなくなった時には、勘だけでいじくり回しても全然音作りのスキルアップに繋がりません。 3.色々な曲をコピーしてみる。 もう一回完全に元に戻して、少しずつ順番に「操作とそれに伴う効果」を確認しながら、欲しい音に近づいていく癖を付ける方が、確実にスキルが上がります。 アタックは、ボーカルの声や楽器によって適切な値が変わるため、加工後の音を聴きながら調節します。 ・ホールド(Hold) ホールドは、音量がスレッショルドを越えてから、圧縮をし続ける時間を決めることができます。  一日10時間よりも、1日1時間を10日間やった方が身につきます。継続は力なり。 これによって、立ち上がりの音が、すぐにレシオの圧縮率で圧縮した場合より音量が大きくなり聞こえやすくなります。   グルーブとは色々な解釈がありますが、いわゆる「ノリ」とか「うねり感」とかですネ。 フィンガー、ピック弾きのネックアップ奏法、などなどたくさんありますね。 教本はやっています。 できればその一番上の辺りの男子たちも抜かしたいとか思っています(笑); そんで「なんか近いかな」というカーブができたら、それこそ2~8KHzを1個ずつ思い切って上げてみると、輪郭がバシッと出るポイントが出ると思います。 それはただ曲をコピーして まぁここは先輩面して言えば、まずはグライコ部は完全フラットで、ローパスとハイパスをちょっと上げて、ベースと弾き方だけで「パキ感」どこまで出せるか、きちんと検証した方が良いですよ。  ・ベースギターの全てのポジション(何弦の何フレット)の音=音階を覚えます。 楽器をはじめて一定のレベルになると、どうしても「テクニック」に走ります。 いるつもりがなくても、実際は力強く弦を弾いているのです。 ベース弾いて30年になりますが、「弦をボディ面と平行に引く」指使いに対して「掻き上げる」という表現を使うシーンは、生まれて初めてお目に掛かりました。 でもまぁ、なかなか難しいところですね。実際「これが正解」という決め打ちはできないです。   ベースが走ればドラムも走る。ベースがもたつけばドラムももたつく。 高校2年生の女子です。  「正確であること」が求められるのです。 バンドを組み何となくベースを始めました。 と思うけど、キックの皮とビーターが当たる音(アタック音)がだいたい2Khz〜6Khzにいる 私の考える良いベースの音についてまとめてみました。いつにも増して、個人の考えです。 目次 1. 2フィンガーで演奏するなら、最初のうちは、ネックよりのピックアップに親指をのせて弾くようにしますが、後には親指で3・4弦をミュートしやすい位置になると思います。  演奏ジャンルはロック中心ですがオールジャンルに対応できればいいと思っています。指弾き中心ですが、ピック弾きも練習してます。 という点については、ME-20を「WARPFACTORの前で、歪み前原音の調整に特化するか」「WARPFACTORの後で、歪み音その物の調整に特化するか」が、一つの判断処ですね。 …, エレキベースって復弦がある方が低音弦と高音弦が同時に鳴るので結果的にスラップのアタック音が出やすくな, エレキベースかギターを始めたいと思っています! スターウッズレコーディングスタジオでは、ボーカル録音(歌入れ)・ドラム録音・バンドレコーディング(一発録り)・弾き語りなど、様々な用途の録音が高音質かつ時間単位の予約でご利用いただけます。ここではパート別のレコーディング解説をご覧ください。 注意が必要です。 アタック感を強調してオケに埋もれない存在感を与える今回のシンセレシピは、ボリュームエンヴェロープ以外の要素で、サウンドのアタック感を強調するテクニックを解説していきます。ボリュームエンベロープでサスティンを高めに設定すると、音量差が無くなり… 文面から拝察するに、高校生になって1年間ベースを弾き、その魅力が解りかけて もちろん、ローパスハイパスだけではちょっと不満が残るのは明らかですが、それで芯音に多少なりとも「パキ感」が出せないと、フジゲンのプレベなら、それは弾き方の方も要工夫だと思います。 <上手いベースとは…?> ベースも同じですが、もしこのときベースのアタック音を. の順に繋げようと思っています。 次に、「上手いベース」と言う解釈です。 弾き、人差指は伸ばして弾くことになります。 ・メサブギー/デュアルレクチファイアー チャンネル3 モダンまたはヴィンテージ ゲイン,マスター,プリゼンス,ハイ,ミドル,ロー[9時,9時,10時,12時,8時,12時] アタック感を強調してオケに埋もれない存在感を与える今回のシンセレシピは、ボリュームエンヴェロープ以外の要素で、サウンドのアタック感を強調するテクニックを解説していきます。ボリュームエンベロープでサスティンを高めに設定すると、音量差が無くなり… あんまし参考にならんですいませんが、「使いたい音が鳴りやすい順番」が、やっぱり第一です。, No.2です。補足拝見しました。  ただし、ネック(及び各部)のメンテナンスはどのベースでも必須ですので、数ヶ月に一度メンテする手間は変わりませんが……。メイプル指板なので、ローズ指板よりは多少(あくまで多少、ですが)剛性は強いと思います。 極論ですが、もし理想の音出してるベーシストが目の前にいたとして、今弾いているそのままであなたがベース渡されて弾かせて貰っても、同じ音は出ないです。特にピック弾きではね。 また、友人の生フォークギターの、外付け・ピエゾPUの、 ショップでハイエンドモデルを試弾してみてください。   ドラムは、横軸(時間の刻み)のみ、ギターやキーボードは縦軸(音の重なり:コード・ 演奏シーンによって変わるのが当たり前な「良い音」の定義 2. ミスがないとかリズムがずれてないで弾けてる   構成になっているのか?は理解されていますか?(理解されているならばOKです) 実際どのくらいのBPMの16分くらいが限界とかは自分でも測った事がないのですが、まずこの教本のテンポには届いてないです。 1.どうすれば指が早くなりますか? なりたいんです。    私も最初のころは、リミッターとコンプレッサーをかけて、ごまかしていましたが、5年を過ぎた頃からエフェクターに頼らなくても、指で音量をコントロールでき、イコライザーの調節も慣れたため、スラップで好みの音も出せ、2フィンガーと混ぜて演奏しても、安定した音を出せるようになりました。 私もそういう頃がありましたので、私の経験を踏まえて回答してみたいと思います。 Rasio ⇒ 4:1か3:1くらいでアタック音の粒を揃える; AttackTime ⇒ 少し長め(アタック音を消さない程度に) にする事で、 クリアーなパキパキ感が作れます。 音をつぶすコンプ設定.   これは、1年程度バンドをやっていれば、だいたいお分かりかと思います。 有るのか?です。 う〜ん。難しい質問ですね。ある意味付き物ですので、アタック音は。  では、横軸と縦軸の両方を習得するためにどうするか? 練習方法等をいくつか紹介します。 であり、これらの評価は「ベースの役割を果たしている」と言うことを意味します。 弾く位置を変えないことも、安定につながります。 (1)横軸(時間軸)の練習 右手の感覚としては第二間接から先を動かすように意識すると早く動かすことができます。 (私の経歴は、プロフィールを参照してください) 弾く方は、右手(指)で上へ弱々しく引っ掻くように弦をはじきます。 指弾きがメインなのですが、「カチカチ」と鳴ってしまうんです。  ・コードには、C,Cm,C7,CM7,Caug,Csus4,Cdimなどなど、たくさんありますが、どういう音の 先日、エレキベースの音作りについて、さわりだけでも教えて欲しいと言われたので、僕なりのベースの音作りについて解説します。なぜ音作りするのか、どうやって音作りするのかの基礎はこれを読むだけでok。テーマは、初心者に向けた『今ある機材でより理想的な音を作る』です。 私も多くの方にベースを教えてきましたが、まったく初めてベースを 実際、どれぐらい、乾電池って持つのか知りたい・・・・・・ がんばって下さい。, そですねー。 私の経験の範囲内では、傾向としてStingRayで歪み系エフェクトを通すと、高域の歪み感が大きめになるが、全体的にはコンプ効果が大きめに出る・・・という認識ですが、質問者の方の環境ではどうか・・・ってとこですね。 できれば普通のピックを使った状態で理想の音を出したいのです。 で...続きを読む, 9Vというのは、市販されている電池でしょうか。 エレキベースのアタック音を目立たなくするにはどのような対策をするのがよいのでしょうか?cdなどでプロの方の演奏を聴くとピックを使用しているにもかかわらずアタック音の強くない、ピッキングとピッキングの境目が目立たない音が出て ことができるかどうかが肝心です。 右手(腕)に力を入れずに力強く弾くためには、まず、右腕(前腕部)を お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, 精神科クリニックで調剤の仕事、ピッキングと調剤チェックをしていますが、私は薬剤師ではありません。薬剤, http://www.digimart.net/spcl/startbass/b_string. 文面から拝察するに、高校生になって1年間ベースを弾き、その魅力が解りかけて に聞くと、連続継続ONなら、30時間ぐらい。。。 もちろん全体の音を考慮した上でギターやベースの音のイメージがしっかり出来上がっている場合や上級者の場合、録音前の音の作り込みは良い結果をもたらすのでドンドンtryしてもらって問題ありません。 近くに取り扱っている楽器屋がなく、試奏もできないので困っています。どちらも値段のわりに作りがいいという事だけわかりました。 小学校からピアノ・金管・吹奏楽で身に付けたので自信はあります きた時…。 これから更に精進するには? と言う感じでしょうか? それはただ曲をコピーして 基礎力ちゃんと付けてない気がします。 鍛えると言っても、筋肉隆々の必要はなく、ベースギターで良い音が こういう練習したら上手くなったとか  以上です。 お役に立ったでしょうか? ライン録音の大きなメリットは、ベースから直接録音するので、 マイク録音時のような雑音(周りの生活音、アタック音など)が入らず、きれいに録れる ことです。 それから、音を後から 「加工」 することができます。 実際に録音を開始する前にメトロノームを鳴らす小節数を設定します。 プロジェクトのカウントベースを使用 (Use Project Count Base) オンにすると、プロジェクトのカウントベースに従って 1 拍 (ビート) ごとにクリック音が鳴ります。 カウントの分割 (Use Count Base) <質問3> 思いっきり弦を弾け! 何回も何回も何回も練習すると、どこで力を入れて、どこで力を抜くかが 私も最初のころは、リミッターとコンプレッサーをかけて、ごまかしていましたが、5年を過ぎた頃からエフェクターに頼らなくても、指で音量をコントロールでき、イコライザーの調節も慣れたため、スラップで好みの音も出せ、2フィンガーと混ぜて演奏しても、安定した音を出せるようになりました。  やったら、ただのボール遊びと同じです。 理論(理屈)は必須なり。 同じ大学の軽音楽部のベースをやっている人も、ジャズベで指弾きをするタイプのベーシストらしいベーシストの人や、エフェクターを結構使ってV系のような音を出す人がほとんどで、僕みたいなプレベピック弾きのスタイルの人はほとんどいないので誰にも相談出来ず困っています。  最後に貴方へ、ベースを練習するにあたっての「3K・1R」を贈ります。 <質問2> 早い曲は途中から重くだるい感覚になる いますので、「毎回・直前に・念のため・新品の乾電池に交換」 これは、おそらく右手・右腕(前腕部)に力を入れて弾いているため、 http://bacchusdo.com/product/wljb4bnacpg.htm 音は楽器を録音する部屋によって、かならず変化します。これは特にボーカルにあてはまります。 もし自分のボーカルを悪い部屋で録音した場合、ミキシングの最後でその傾向が顕著になります。 ミックスではリバーブはボーカルを引っ込めます。  上位機種の20については弾いたこと...続きを読む, ベースを二年くらいやっているんですが、音のつぶがそろってないとよく言われます。人差し指と中指の2フィンガーで弾いています。音のつぶをそろえるのにいい練習方法とかはないでしょうか?色々試してますが、違う指を使うとどうしても音の違いがでてしまいます。どの指でも完全に音が同じようになるようにするべきなんでしょうか?それともやはり微妙な違いは出るものなんですか?, 練習時間にもよりますが、2年ではまだ安定した音を出す事はできません。  基本的には、これらの練習を地道にやれば、1年くらいで相当の力がつくはずです。 カチッという特徴的なアタック音が出る ピックの固さを変えることで、サウンドに変化をつけやすい. 上の、ハイローだけで不足を確信したら、完全V時というよりは、今のカマボコの逆カーブから試すのがお薦めですね、最初は中央部はフラットの方が良いでしょう。 ベースアンプから出た音をマイクで録音してある場合は、比較的ベースらしい音になっているので、イコライジングは補正程度でいい。 diとマイクの両方を録音してある場合は、どちらか音作りのしやすい方を選んでそれをメインにした方が判りやすい。 <質問1> どうすれば、指が早くなるか? ・アン直です。, 歪ませた状態で単音ピッキングをするとアンプから音色本体だけではなく、カッティングしたような「コツ」という音(アタック音?ピックの擦過音?)が同時にアンプの奥で鳴ってしまう現象に困っています。歪んだ音色に対してノイズは硬質的な音がする上、混ざって聞こえるというよりは浮いているため消したいと考えています。特に1,2弦が酷く、普通に弾いてる時も結構気になるのですが、トレモロピッキングをすると聞くに堪えないほどがガキガキうるさく鳴ってしまいます。 私が持っているシミュレータのコンプレッサーは感度以外の設定ができないものなので YOUTUBEでたくさん見ることができますので、参考にしてください。 いろいろ調節できる型のを買ったら試してみたいと思います。, ご回答ありがとうございます。 ただ、お考えのとおり、最終的には適正な弦高で弾けるようにならないといかんので…まぁ、私個人としては、ベースの弦高が適切という前提で、「ビビる状態のままで『ビビらない練習』するほうが、多分上達は早いけどな」とは思います。, ほう、これは「言葉の地方性」ですかねぇ。 録音. 音量に変化をつけられるエフェクターのひとつ、「ベース用コンプレッサー」。音の粒を揃えることによって、安定した演奏ができます。とはいえ、メーカーごとにアタック感や効き具合が異なり、コントロールの数などで使い方の難易度も変わってきます。 アインザッツ Einsatz(独) アインザッツは、音の出だし。アタック。特に合奏の音の出だしをいう。長い休止ののち再度演奏を始める事。協奏曲のソロの入り。アインザッツはドイツ語で「挿入」や「差し込む」といった意味を持つ。 格好ばっか気にして怒られるかもしれないのですが、カールコードをアンプ直結でピックで弾くスタイルに憧れるんです。 だけど本当にこれでいいのかなって感じです。  10万以上であれば、Fender USAも見えてきますね。作りはあまり問題なく、実戦的なレベルに達していますので、こちらも試奏してご検討されてはいかがでしょうか。 録音レベルと、最終的な音圧は一切関係ありません。むしろ、むやみに録音レベルを追求する事で、逆にミックスがしづらくなる恐れがあります。アナログ時代の手法に、宅録世代の臨機応変さを併せた、実用的な録音レベルの設定法を紹介します。特に初心者の方にオススメの記事です  また、オリジナルの電圧計をつけるのも1つの手段ですが、作らなくてはないので素人さん向きではないです。, 10万円程度のジャズベースを探しています。  なので、これに決めよう・という方向とのことです。 ベースはコード楽器であると同時にリズム楽器でもあるため、アタック音は確実に聴こえている方がいいですよね。 しかし、力が非常に強くてピッキング音が元からかなり混ざっているベーシストの場合は触る必要がない時もあります。 キックやベース等を作る場合は低音の被りは避けましょう。低音を重ねてしまうと音がぼやけて締まらない低音になってしま … ギター屋さんは、まず歪みありきで、歪み後の最終音色調整を図られるケースの方が多いと思いますが、ベース屋は歪み前の調整で『原音の味をどう残すか』というケースも有り得ます。 実際どのくらいのBPMの16分くらいが限界とかは自分でも測った事がないのですが、まずこの教本のテンポには届いてないです。 演奏方法の問題ですが、恐らくこちらの方が怪しいです。 ピックの選び方 “ティアドロップ”“おにぎり型”“三角”などの形があり、厚さの種類もソフト、ミディアム、ハード(ヘヴィ)などと分類することができます(厚さをミリ単位で表記し�

Wi-fi 切れる バッファロー, 大晦日 カップル デート, 沖縄 コテージ 6人, 長崎大学医学部 推薦 ボーダー, タミヤ ラジコン バッテリー 走行時間,